忍者ブログ
【曙天塾】( http://syotenjuku.okoshi-yasu.com/ )の別冊ブログです。仕事や日常生活の中での気づきのヒント。【書天塾ノオト】改め【曙天塾ノオト】。
[761]  [760]  [759]  [758]  [757]  [756]  [755]  [754]  [753]  [752]  [751

「三日三月三年」という言葉は、元は芸事か修行の心構えから来ているようです。つまり、「三日我慢すれば三ヶ月は耐えられる。三ヶ月耐えられれば三年は頑張れる」という意味のようです。そこから転じて、入社して三日我慢すれば三ヶ月は耐えられ、三ヶ月耐えられれば三年は頑張れるという意味になったようです。

私が最初にこの言葉を上司から聞いた時は、「入社3日目でその社員の性格が分かり、3ヶ月目でその能力が分かり、3年経てば将来が分かる」と教えられたような記憶があります。また、「1年目は足し算の時代、2年目は引き算の時代、3年目は掛け算・割り算の時代」とも言われました。これは、1年目は何でも吸収し、2年目は無駄を省き、3年目は創意工夫をする。この繰り返しで物事が成就すると。

ここで言われている「3」という数字は、語呂が良いからであって厳密な数字ではありません。新入社員の3割が3年以内に辞める等と言うのと同じ類のことです。素数ということもありますが、「三本の矢」「三度目の正直」「三方良し」「日本三大○○」「三種の神器」「三日坊主」「石の上にも三年」「三々九度」等など、古来より日本人は「三」という数字を好むようです。

私も今の会社に転職して丸3年になりました。慣れぬ異業種での3年間で、書店のようなセルフ販売と自社のような接客販売との違いはあっても、基本的に小売業はいずれも同じ悩みや問題を抱えているということを感じています。私自身は滅多に現場に出ることはないのですが、出店や組織を作るということにおいては大差はありません。ただ、この辺で総括をしておきたいと思っています。

傍から見ると私は会社の為に頑張っているように見えるらしいのですが、実はそうではありません。私の基本的な考えは、仕事は自分の為に働くということです。自己のレベルアップが結果として会社の為になると考えています。逆に会社の為に頑張っていると言う人ほど、実はあまり役には立っていないものなのです。こんなに会社の為に頑張っているのに、と思えば不平や愚痴になるのです。まさに『「のに」が付くと愚痴が出る』(相田みつを)です。

使命感や社会貢献も同じ事でしょう。使命感だけでは仕事はできません。途中で息切れを起こしてしまいます。仕事や本業を通じてこそ地域や社会に貢献できるのであって、世の為人の為などと公言している人や会社ほど、陰であくどい商売をしていたりするものです。自分の為、自分の会社の為に頑張る、それが結果として世の中の役に立つ、そういうことです。

また、会社の為に頑張るという事と経営者の為に頑張るという事は違います。会社の為には頑張れても、経営者の為には頑張れないということはあります。会社や経営者とベクトルが一緒なら、つまり目指すゴールが一緒ならば、例えコースや速度が違っていても何とかやっていけるでしょう。しかし、経営理念に賛同できなかったり、目指すゴールが違っていたら、いつまでもは一緒に走れないことでしょう。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
今の時間
カレンダー
10 2014/11 12
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[06/10 すなお]
[08/08 samata]
[07/22 悩めるバイト]
[07/21 悩めるバイト]
[01/23 通りすがりの者]
バリア
Twitter(ツイッター)
メルマガ
このブログに掲載した記事を元に、朝礼伝達や書店実務のヒントをEメールでお届けしています(無料)。メールアドレスを入力して「送信」ボタンをクリックしてください。
メルマガ登録・解除
 
今週のベストセラー
プロフィール
HN:
【曙天塾】塾長
HP:
性別:
男性
自己紹介:
本が好き、どこよりも本屋に行くのが好きだった元書店人(実はお酒も好きです)。今は「本を閉じよ、街へ出よう」で、異業種小売チェーンで経営企画と店舗開発の仕事をしています。
忍者アナライズ
アクセス解析
カウンター
アーカイブ
忍者ブログ [PR]携帯 二重